【永和区・永安市場駅】『李記正宗廣東腸粉』でトゥルトゥル不思議食感のリーズナブルな腸粉を楽しむ【台湾】

永和区, 台湾グルメ

こんにちは、有馬次郎です。

今回は私の好きな中華料理のひとつである腸粉のお店を紹介したいと思います。

腸粉の正式な分類は広東点心のひとつです。
中国の広東省では朝ごはんとして腸粉はポピュラーなメニューなので専門店があります。
以前の台湾だと飲茶でないと腸粉を食べることができませんでしたが、現在は台湾でも腸粉専門店が増えてきて食べることができます。

油っぽいものが多い台湾ですが、腸粉は比較的さっぱり系なので朝ごはんにもオススメです。

今回は永和にある李記正宗廣東腸粉に行ってきました!

李記正宗廣東腸粉

『李記正宗廣東腸粉』はGoogleのレビューを見ると平均4.5と高めの評価です。
(2019年10月時点)

場所は永安市場駅と頂溪駅の間にあります。
頂溪駅には豆漿(台湾の豆乳)発祥の店、『永和世界豆漿大王』もあるので頂溪駅からブラブラしながら永安市場駅に向かうのもオススメです。

お店の前に着きました。

店内が狭いため、先に注文を済ませてから店内で出来るのを待ちます。
(注文は書く方式なので喋れなくても大丈夫です。)

店内はとても狭く、8人〜10人入れるかどうかという広さです。

壁にもメニューが書かれており、手書きのメニューはおすすめの新メニューだそうです。
行った時は、キムチ入りやベーコンチーズなどの派生系メニューがおすすめメニューになっていました。

今回はエビ倍増コーン入りを頼みました。

不思議な腸粉の作り方

『李記正宗廣東腸粉』の調理場はお店の入り口のわずかなスペースです。

この金属製のお盆の上に材料を敷き、機械の中に入れて蒸します。

蒸し上がったら、手早くへらで丸めたら完成です。

味のレビュー

注文してから約5分くらいすると腸粉が運ばれてきました。

確か80元くらいでした

腸粉の中にはロメインレタス、コーン、卵、海老とかなり具沢山です。
タレは醤油ベースのさっぱりとした味付けです。
飲茶で食べるタレに比べて薄味ですが、このボリュームに丁度良い味加減です。
(味が濃すぎると途中で気持ち悪くなってくるw)

総合評価

リーズナブルな価格帯で結構お腹いっぱいになったので、コスパ高めのお店と言えます。
ただ、飲茶のような上品な味を求めて行くなら向いていないと思います。

台湾食堂のような、早くて安くて美味しいを求めているならお勧めできるお店です。
いい意味での大雑把加減がまた来たくなるお店です。

アクセス方法

永安市場駅から徒歩7分。
中和路を頂溪駅方向に向かって歩き、迷客夏のお店の近くの分かれ道で左の道に沿って歩くとお店が見えてきます。

頂溪駅から徒歩11分。
2番出口から永和路を永安市場駅に向かって歩くと着きます。
途中で二手に分かれる道がありますが、大通りを歩きます。

店舗情報

【李記正宗広東腸粉】
新北市永和區永和路一段41號

営業時間:6:30〜14:00
定休日:月曜日
TEL:0972 019 911
FACEBOOK:李記正宗廣東腸粉