おすすめ記事

【餃子レシピ】ビールが進む大人餃子、東欧風ザワークラウトもどき餃子の作り方【バルメニュー】

レシピ, Food

こんにちは、有馬次郎です。

このページでは、『オススメの家餃子8選』で紹介した東欧風ザワークラウトもどき餃子の作り方を紹介します。


この餃子は、餃子を作る前に中国東北料理が食べたくなり、偽酸菜を作ったことがきっかけで出来た餃子です。
中華風に作ろうとしたらザワークラウト系?のような味になりました。笑

それでは作り方の紹介です〜。

オススメ家餃子の記事はこちら↓から
【雑記】家餃子でゴリ押ししたい餃子の皮とオススメ具材8選&オススメの外餃子【完全版】

東欧風ザワークラウトもどき餃子

餃子地獄の終盤で3つしか作りませんでした。笑

このレシピの分量は八幡製麺所さんの餃子の皮をもとに決めています。
包み方によって餡の量が余ったり足りなかったりする可能性があります。

材料(約35個)

・餃子の皮       350g(約35枚)
・豚ひき肉       約150〜200g
・玉ねぎ        1個
・マッシュルーム    1パック
・ニンニク       1個
・キャベツ       1/3〜1/2くらい
・オリーブオイル    適量
・バター        10g(なくても可)
・黒胡椒        適量
・塩          適量
・白胡椒        適量

餡の作り方

❶ キャベツを1cm幅に切り、塩小さじ1と一緒にビニール袋に入れて軽く揉みます。
水気が出たら軽く絞り、水を捨てます。その後、お酢を適量入れ冷蔵庫に入れてしばらく置きます。

❷ 玉ねぎ、ニンニク、マッシュルームをみじん切りにし、玉ねぎはレンジで2〜3分加熱します。

❸ 熱したフライパンにバター、オリーブオイルを入れ、温まってきたらニンニクを入れ、香りが出たら玉ねぎを入れます。
玉ねぎを弱火で炒め飴色(きつね色)になってきたら、中火にし、ひき肉、マッシュルームを入れて炒めます。

❹ 塩、胡椒を適量入れひき肉の色が変わり、パラパラになったらったら火を止め混ぜながら荒熱をとります。(白胡椒は少し濃い目にします。)

❺ ❶のキャベツを冷蔵庫から出し、余分な水分を切り、みじん切りにします。

❻ ❸と❺を同じ容器に入れて、よく混ぜたら餃子を包みます。
両面焼きにするので、焼き餃子や水餃子のように立体感は出しません。
ヒダなしの包み方でもOKです。

餃子の焼き方

❶ 熱したフライパンにオリーブオイルを少し多めに入れ、フライパンが再度温まったら餃子を並べます。

❷ 餃子を揚げ焼きにし、きつね色に焼き目がついたら裏返します。

❸ 両面とも焼けたら火を止め盛り付けて完成です。

↑の焼いてる時も白胡椒を若干足しました。

コツ・ポイント

・胡椒を入れるときは、具材が温かいうちに入れてください。
・バターやオリーブオイルを使わず、ごま油などで仕上げると中華風になります。
(中華風にする場合は、春雨を入れると美味しいと思います。)
・フライパンの接地面が多い方が香ばしく焼けるので、餃子のヒダはなくてもOKです。

餃子の皮(大厚)500g
created by Rinker

餃子のまとめ記事はこちら↓から
【雑記】家餃子でゴリ押ししたい餃子の皮とオススメ具材8選&オススメの外餃子【完全版】