【つくレポ】北海道の味めぐり時計台ら〜めん昔懐かしの濃厚醤油を作ってみた!【絶品!】

食日記, Food

こんにちは、有馬次郎です。

突然ですが、皆さんは、ラーメンキット好きですか?

インスタントラーメンの進化系であるラーメンキットは、お店の味を家庭でも楽しめるように開発された家庭用チルド商品です。

引きこもりでも美味しいものが食べたいので、結構お世話になっています。

長期保存が効かないながらも、即席麺では味わえなかったモチモチとした食感の麺が楽しめるのが魅力的ですよね。

今回は『北海道の味めぐり時計台ら~めん/昔懐かしの濃厚醤油味』を作ってみました!

*この記事は外であまりラーメンを食べない人のレビューです。
店舗にも行ったことがないので家で同じ味が楽しめる!みたいな内容は書いてありません。悪しからず!

北海道の味めぐり「時計台」らーめん

商品公式サイトはこちら

このシリーズは写真を見る限り元々4種類あるみたいですね!
サイトを見る限りでは現在は味噌と濃厚醤油のみになっています。(2019年7月8日確認)
画像の塩と坦々麺も復活して欲しいですね〜。

今回購入したのは濃厚醤油味です。

北海道丸大豆醤油を100%使用し、豚と魚介の旨みが利いた昔懐かしい濃厚醤油スープと北海道産「きたほなみ」の小麦粉を使用した味わい豊かな中太ちぢれ麺がセットになった、生ラーメンです。

https://www.shimadaya.co.jp/products/chilled/chinese/_020895/

とのこと!

北海道推しなだけに北海道の素材にこだわりが感じられますね。


ちなみにこちらの時計台シリーズ、冷やし中華も出ています!

商品ページはこちら

何気にラーメンキットで久々の当たりだと思っているので次回は冷やし中華も買ってみたいと思います〜。

作ってみた!

パッケージは普通のラーメンキットとあまり変わらないですね。
人の写真が入っていないので、どちらかというとシンプルなパッケージですね。

醤油スープが推しなのも伝わってきます。

出来たのがこちら

冷蔵庫のあり物で作った為、チャーシューが北海道なのに鶏チャーシュー…
親子ラーメンということで!

まずはスープ…

これは美味しい!
拭えない醤油感がない!


醤油ラーメンってスープ飲むと、「あ、醤油だな。」って感じるお店たまにあるじゃないですか。

もしくは中華そば的なアレ、あの味。アレがない。
思ってた醤油ラーメンと全然違う!

しかも醤油を濃くしただけなら塩辛さが残ってしまうけど、水を多めで作ってもコクと旨味は残ったままで美味しい!


そして麺!

麺の太さは普通の細麺タイプ。(サイトでは中太)

ツルッとしてて、程よいモチモチ感があります。

他のお店のラーメンキットはコシがなかったり、モチモチ感を求めすぎて謎食感のありますよね。

この時計台ら~めんは、個人的にかなり店舗で食べる麺に近いと感じます。
個人的には太麺が好きなんですが、これもなかなかな美味しいです。

スープが美味しいので細麺でスルスルさっぱり食べれます。
使用した具材の湯で鷄、ゆで卵、ほうれん草にもスープは良く合うし、麺も邪魔してこない。
なんだかすごくきちんとしたラーメンという感じで出来ました。

簡単に作れてこの味はリピート確定ですね〜。
とても美味しいです!

今回のレシピはこちら

材料(1人前)

【ラーメン】
・ラーメンセット    1人前
・鶏肉         100g
・卵          1個
・長ネギ        適量
・ほうれん草      2株

【パクチーサラダ】
・パクチー       1株
・きゅうり       1/2本
・ドレッシング     適量

作り方

下準備:鍋にお湯を沸かします。

❶ 鍋の水が沸騰したら麺を茹で、茹で汁でゆで卵を作ります。

❷ 再びお湯を沸かし弱火で鶏肉を約15分茹でます。

❸ きゅうりを細切りに、パクチーを2cm幅に、ほうれん草を4cm幅に切ります。
きゅうりとパクチーはお皿に移して軽く和えます。
最後にドレッシングをかけたたらサラダの完成です。

❹ 鶏肉に火が通ったら鍋から鶏肉を取り出し粗熱をとります。
鍋の火を中火にし、ほうれん草を茹でます。
ほうれん草に火が通ったら火を止め、スープの元を鍋に入れます。

❺ どんぶりに麺、鶏肉、ゆで卵、ほうれん草を盛り付けスープを注ぎます。

❻ 最後に輪切りにしたネギを盛り付け完成です。

コツ・ポイント

・鶏肉は茹でる前に余分な脂を取り、フォークで全体に穴を開け火の通りをよくします。
・パクチーサラダはお好みのドレッシングを使用してください。オススメはゴマだれです。
・レシピは鶏肉の茹で汁を活用していますが、時計台ラーメン本来のスープの味を楽しみたい方は別にお湯を沸かしてスープを作ってください。