【台中市・南区】繊細なサクサク感がオススメの『六月初一』の蛋捲(エッグロール)レビュー【台湾土産】

Taiwan, 台湾のお土産

こんにちは、有馬次郎です。

今回は、台中にある人気の「蛋捲」のお店を紹介したいと思います。
蛋捲はシガーロールのような筒状の焼き菓子です。

日本のシガーロールはラングドシャのようなクッキー感がありますが、台湾のものはよりサクサクしていて、ホロホロとした食感が特徴です。

今回紹介するのは六月初一の蛋捲です。
『六月初一』の蛋捲はクッキー生地を極薄パイのようにした上品なサクサク感が特徴です。

六月初一

『六月初一』はマーケティング会社に勤めていた女性によって誕生したブランドです。
創業者である雪莉さんは2児の母でもありました。
毎日働きづめだったある日、突然子供たちがまだ幼かった頃、彼らとどう過ごしていたか思い出せず、忙しすぎて子供たちに構ってやれなかったことを悟りました。
そして、もっと子供達と過ごしたいと思いから、このブランドが誕生しました。

お店は台湾鉄道(台鐵)の五権駅から歩いて約10分のところにあります。
近くの公園にubikeを止めることができるので、台中駅からubikeで行くこともできます。

打ちっぱなし風のシックな外観で川沿いの長閑な雰囲気にあっています。
(派手ではないので一瞬素通りしました。笑)

ちなみに、台北にも支店があります。
台北店は東門駅にあり、東門駅はマンゴーかき氷の有名なお店がある永康街や、鼎泰豊の本店が

店内に入ると、入り口には店内の商品が陳列されていて、商品のラインナップが一目瞭然です。

蛋捲の紹介もあり、通常販売されているものは長蛋捲と呼ばれる右端の形状のものです。

『六月初一』は8の字型の蛋捲が特徴です。
(上の画像にはないですね。笑)

8の字型は無限を意味する形状なので縁起がいいとされています。
『六月初一』の蛋捲は結婚式やおめでたい日の贈り物としてとても人気だそうです。

個人的に、関ジャニ∞ファンなら買いたい商品だと思いました。
台湾でライブ開催していたら、これ買って帰ったらテンションぶち上がるだろうな〜。と思いました。
(残念ながら色は赤、青、オレンジ、茶色、緑の5色しかないですが…)

店内は売れ筋である8結蛋捲をモチーフにしたインテリアで溢れていました。
床には8結蛋捲をモチーフにした象嵌があったり、照明も∞を意識した配置になっていたり、至る所で8を感じることができます。

店内全体は広くもなく狭くもない感じで、小さなイートインスペースもありました。
入り口からすぐのところには蛋捲がずらりと並べられており、中央と壁側にはギフト用の詰め合わせがあります。

蛋捲の他に肉絲酥や肉紙捲なんかも販売されています。
杏仁肉紙捲も気になったのですが、蛋捲欲が強すぎて今回はパスしました。笑

こちらは日本の昔ながらの製法を利用して作った梅漬けの「老梅肉」や、液体になった「老梅釀」です。
直接食べるのはもちろんのこと、ジャムにしたり、料理やお茶に入れても美味しいそうです。

中国語でハネムーンを「蜜月旅行」というので一緒に蜂蜜も販売されていました。
ここの蜂蜜は珍しい龍眼の花の蜂蜜です。

味のレビュー

味はプレーン/黒ごま/チョコレート/コーヒー/海苔の5種類あります。
今回はゴマ味、コーヒー味、海苔の3種類を購入しました。

ちなみに、賞味期限は2ヶ月くらいを目安にしてください。
12月下旬に行って賞味期限は2月中頃と言われました。

コンテナ風のしっかりとしたプラスチックケースに入れられています。
ケースには変な印刷もなくて再利用できそうなシンプルな箱です。

蛋捲は他の商品とのギフトセットの他に、単品と蛋捲セットの販売があります。
単品の場合は40個入り280元(約1064円)、セットの場合は32個入りが2種類で(約1824円@912円)です。

今回の目的であるゴマ味は40個入りを、各32個入りの蛋捲セットはコーヒー味と海苔味を購入しました。

箱を開けると超真空状態になっています。

蓋の裏側には小さなナイフが付いているので、これを使ってフィルムを剥がします。

開けるとすぐにゴマの香りがしてきました。

生地は繊細なサクサク感が特徴。
一般的な蛋捲はザクザクとした食感が特徴ですが、『六月初一』の蛋捲はクッキー生地をパイのようにした上品なサクサク感です。

アフタヌーンティーなどでちょっと贅沢なひと時を過ごしたい方にはもってこいなお菓子だと思います。
来客用のお菓子としてもアリです。

一口食べるとゴマとバターの風味が広がる黒ゴマ味。
封を切るとゴマの香りがします。
食べると更にふわーッと口の中にゴマの香りが広がります。
そして後からバタークッキーのような濃厚な風味があり、コーヒー、紅茶とよく合いそうな感じです。

ゴマ味はそれに加え、中国茶とも合いそうな味です。

ほろ苦感が大人の味のコーヒー味。
コーヒー味は甘味の奥に少し苦い風味がふわっと漂う大人の味です。
上品な味が会社のお土産に向いていると思います。

瓦煎餅のような懐かしの味がする海苔味。
海苔味は海苔味の瓦煎餅を彷彿とさせる懐かしい感じの味がします。
こちらは日本茶にも合いそうです。

総合評価

日本のお菓子と変わらないくらいの値段設定ですが、日本には無い食感のお菓子なので購入する価値はあります。
元々蛋捲が好きでしたが、今のところここの蛋捲が一番美味しいです!

チョコレート味も試食しましたが、普通のココアクッキーの食感がめちゃくちゃ良くなった、と言う感じでした。
(プレーンは食べませんでしたが、おそらくバタークッキーのような感じ。)

ご年配の方へなら黒ごまか青のり味がオススメです。
お仕事でのお土産ならプレーンかコーヒー味がオススメです。

アクセス方法

お店は台中駅ではなく、五権駅の近くにあります。
五権駅からは徒歩で約9分です。

台北から行き、乗り換えが面倒な場合は台中駅から五権駅へのシャトルバスに乗るか、ubikeで行くことができます。
ubikeだと15分くらいでつきました。
ubikeの駐輪場は川を渡った台中市南区区公所崇仁活動中心のバス停の近くにあります。

店舗情報

六月初一(台中)
台中市南區美村路二段19號

営業時間:10:00〜20:00
定休日:不定期
TEL:04 2375 6001
公式サイト:六月初一
FACEBOOK:六月初一

台北(永康店)
台北市大安區信義路二段206號(東門駅5番出口)

営業時間:10:00〜20:00
定休日:不定期
TEL:02 2322 2700